認定こども園 五和保育園

園児募集

 

入園申込み期間

■4月入園希望者
申込期間: 毎年121 1228日(土・日・祝日を除く)
申込多数の場合は園にて入園選考する場合があります。
■途中入園希望者
申込期間:毎月月1 15日まで (土・日・祝日を除く)
※定員に空きがある場合に限ります。
※入園は翌月の1日からとなります。
 

入園申込み方法

当園に入園されるためには、日田市において、利用のための支給認定を受ける必要があります。
支給認定を受けると、日田市より「支給認定証」が交付されます。
 

支給認定の種類

 

支給認定区分 対象となる子ども
1号認定 満3歳以上で、認定こども園(幼稚園部分)での教育を希望される場合
2号認定

満3歳以上で、「保育を必要とする事由」に該当し、認定こども園(保育園部分)や保育園での利用を希望される場合

3号認定 満3歳未満で、「保育の必要な事由」に該当し、認定こども園(保育園部分)、保育園、小規模保育事業等での利用を希望される場合

 

 保育を必要とする事由(2号・3号認定)

 
就労 児童の保護者が家庭の外で常態的に仕事をする場合や、児童の保護者が家庭で常態的に日常の家事以外の仕事をする場合。日田市では、月に64時間以上の就労が必要です。
妊娠・出産 児童の保護者が出産または出産前後の場合。
疾病・障害 

児童の保護者が病気、負傷、心身に障害などがある場合。

介護・看護  児童の同居する家庭に介護が必要な人や、長期にわたる病人、心身に障害のある人がおり、保護者が介護・看護にあたる場合
災害復旧 災害や風水害、地震などによる災害の復旧にあたる場合。
求職活動 児童の保護者が求職活動(起業準備を含む)を行う場合。
就学 児童の保護者が就学(職業訓練校等における職業訓練を含む)する場合。
虐待等 虐待やDVの恐れがある場合。
育児休業 育児休業取得中に、既に保育を利用している児童がいて、継続利用が必要である場合。
その他 その他、上記に類する状態として市長が認める場合。

 
保育の必要量(2号・3号認定)
保育の必要量 勤労状況等(※) 利用可能時間
保育標準時間 120時間以上/月 最長11時間/日
保育短時間

64時間以上~
120時間未満/月

最長8時間/日


 
 

 

 
  

 詳しくは、お問合せ下さい

入園申込み期間

■4月入園希望者
申込期間: 毎年121 1228日(土・日・祝日を除く)
申込多数の場合は園にて入園選考する場合があります。
■途中入園希望者
申込期間:毎月月1 15日まで (土・日・祝日を除く)
※定員に空きがある場合に限ります。
※入園は翌月の1日からとなります。
 

入園申込み方法

当園に入園されるためには、日田市において、利用のための支給認定を受ける必要があります。
支給認定を受けると、日田市より「支給認定証」が交付されます。
 

支給認定の種類

 

支給認定区分 対象となる子ども
1号認定 満3歳以上で、認定こども園(幼稚園部分)での教育を希望される場合
2号認定

満3歳以上で、「保育を必要とする事由」に該当し、認定こども園(保育園部分)や保育園での利用を希望される場合

3号認定 満3歳未満で、「保育の必要な事由」に該当し、認定こども園(保育園部分)、保育園、小規模保育事業等での利用を希望される場合

 

 保育を必要とする事由(2号・3号認定)

 

就労 児童の保護者が家庭の外で常態的に仕事をする場合や、児童の保護者が家庭で常態的に日常の家事以外の仕事をする場合。日田市では、月に64時間以上の就労が必要です。
妊娠・出産 児童の保護者が出産または出産前後の場合。
疾病・障害 

児童の保護者が病気、負傷、心身に障害などがある場合。

介護・看護  児童の同居する家庭に介護が必要な人や、長期にわたる病人、心身に障害のある人がおり、保護者が介護・看護にあたる場合
災害復旧 災害や風水害、地震などによる災害の復旧にあたる場合。
求職活動 児童の保護者が求職活動(起業準備を含む)を行う場合。
就学 児童の保護者が就学(職業訓練校等における職業訓練を含む)する場合。
虐待等 虐待やDVの恐れがある場合。
育児休業 育児休業取得中に、既に保育を利用している児童がいて、継続利用が必要である場合。
その他 その他、上記に類する状態として市長が認める場合。

 
保育の必要量(2号・3号認定)
保育の必要量 勤労状況等(※) 利用可能時間
保育標準時間 120時間以上/月 最長11時間/日
保育短時間

64時間以上~
120時間未満/月

最長8時間/日


 
 

【利用の流れ】

○新規で入園を希望する場合(現在利用している認定こども園・保育園からの転園を希望する場合も含みます)

 

 

【利用の流れ】

○現在利用している認定こども園・保育園の継続利用を希望する場合



  

 詳しくは、お問合せ下さい